著作権侵害を回避する最も確実な方法

「無断で複製等されない」という権利者の権利が及ばない例外が著作権法には数多く規定されています。

これらの例外規定は「無断で複製等されない」という原則に対して、かりに利用者が無断で複製等をしても権利者の権利が及ばないという例外を定めたに過ぎません。

決して、利用者に無断で複製等する権利を与えているわけではありません。

 

著作権侵害を回避するために、「私的使用のための複製」等を始め、権利者の権利が及ばない例外規定を知りたがる理由の一つは、これらの例外規定が、利用者に対して無断で複製等する権利を与えている、と誤解していることです。

 

もし私的使用を目的とする利用者に対して無断で複製等する権利を与えているのであれば、コンテンツの複製を不可能にする技術的保護手段(コピープロテクション)を適用した権利者の行為は違法ということになってしまいます(私的使用であっても技術的保護手段を回避した複製は禁止されています(著作権法第30条第1項第2号))。

 

権利者の権利が及ばない例外が規定された趣旨は、その都度、権利者の了解を得るというのでは利用者に酷であるから、一定の場合には例外的に権利者に我慢をしてもらうということです。

 

例外規定をことさら追求して著作権が及ばないかを確認しながら使用するよりも、原則に従って権利者の承諾を得たうえで使用することが、著作権侵害を回避する最も確実な方法であると言えます。

関連記事

  1. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫

    「ジェネリック家具」にさせないための工夫

  2. なぜ特許を取らなければならないのか?

    なぜ特許を取らなければならないのか?

  3. 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟

    「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟

  4. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国

    似ている商標を使っても犯罪にならない中国

  5. 中国

    中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられました…

  6. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと

    文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと

  7. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない

  8. 中国商標法

    中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット