謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる

謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる

ライバル会社の特許を調べるときに役立つ特許庁のDB「特許情報プラットフォーム」には、出願から登録までの手続、さらには年金の納付状況も公開されています。

年金の納付状況は権利の存続状況を調べるときに欠かせない情報であり、納付状況を照会することにより年金が納付されていない権利に基づくエンフォースメントに対抗することができます。

さて公開されているはずの年金納付状況ですが、稀に謄本閲覧禁止により年金の納付状況が公開されていない場合があります。
謄本閲覧禁止の理由は庁内処理に手間がかかっているなど様々ですが、謄本閲覧禁止が解除されない限り、年金の納付状況が公開されることはありません。
謄本閲覧禁止の場合、謄本の取り寄せも不可能です。

ただし謄本閲覧禁止の場合であっても、年金の納付状況を確認する方法が全くないわけではありません。
日本特許庁のファイル情報は海外の特許DBに提供されており、場合によっては海外DBにアクセスすることにより、日本では照会することができない情報を確認することができる場合があります。

最も身近な海外DBは、欧州特許庁が作成しているESPACENETです。
ESPACENETが開示しているLegal eventには、年金納付状況が含まれています。

関連記事

  1. 無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

    無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想

  2. 中国語ネーミング開発

    ”しまむら”に学ぶ中国語のネーミング

  3. 簡単にできるUI類似デザイン検索

    簡単にできるUI類似デザイン検索

  4. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか

  5. ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜

    ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜

  6. 中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか

  7. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ

    「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ

  8. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

    1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール