絵で見る中国の知財パワーの凄まじさ

中国は模倣品大国という側面がある一方で、実は世界一の知財大国でもあります。

世界知的財産機構(WIPO)が発表した2013年の出願件数は、、実用新案、意匠のどれも中国が世界一です。

2013 12 10 1406

特許出願件数は中国とアメリカで世界の過半数を占めています。

2013 12 10 1419

商標出願件数は中国が世界の1/4以上を占めており、2位以下を大きく引き離しています。

2013 12 10 1422

意匠出願件数では世界の過半数が中国です。

2013 12 10 1423

圧巻なのは実用新案登録出願です。

なんと世界の9割近くが中国の出願件数です。

 

最近の中国企業の動きは、自社で研究開発して特許出願をすることは勿論のこと、研究開発で費用と時間をかけるよりも効率が良いことから、すでに登録されている特許権を買うことも盛んです。

中国での模倣品対策も重要ですが、特許侵害や商標侵害で訴えられないための侵害対策も必要になってきました。

関連記事

  1. 特許調査は必要で著作権調査が不要な理由

    特許調査は必要で著作権調査が不要な理由

  2. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ

    「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ

  3. 海外進出に意匠をすすめる理由

  4. 優れた創作は模倣から

  5. 著作権侵害は誰にとって悪なのか

  6. ランチェスター式出願戦略のすすめ

  7. なぜ中国は個人で商標を出願するのか

    なぜ中国は個人で商標を出願するのか

  8. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法