パソコンでできる簡単な商標調査

会社名や商品・サービス名を決めるときは、事前に他人の登録商標に似ていなかどうかの調査をしておきましょう。

商標調査は簡単ではありませんが、今回はパソコンでできる簡単な商標調査の方法を紹介します。

 

その前に特許庁が行う商標審査について説明しておきます。

 

商標を登録しようとする場合、どんな商品またはサービスに、どんなマーク(文字、図形、記号)を使うのかを決めます。

例えば、「ABC」というマークを、「ビスケット」という商品に使いたいというように。

 

特許庁では、「ビスケット」という商品に「ABC」というマークがすでに登録されていないかという調査をします。

これだけの調査だったら簡単なのですが、実際には、「ビスケット」という商品と類似する商品があるかどうか、そして「ABC」というマークに類似するマークがあるかどうかまで、範囲を広げて調査します。

 

「ビスケット」という商品に類似するかどうかの判断は、「ビスケット」の類似群コードに基いて調査するので客観的に調査することができます。

類似群コードというのは、商品の類似を判断するために特許庁が商品毎に付けているコードです。

 

「ABC」というマークに類似するかどうかの判断は、すでに登録されているマークと「ABC」とを対比し、見た目、呼び方、イメージが似ているかどうかに基いて判断します。

 

商品の類似は、類似群コードに基いて客観的に判断できるのに対して、マークの類似は見た目、呼び方、イメージという感覚的な要素に基いて判断するので、どうしても判断に個人差がでてしまいます。

 

商標の類似を判断するときに難しいのは、マークが似ているかどうかを判断するときです。

 

この難しい判断をパソコンで行うことができます。

2013 06 10 1544

ダウンロードはこちら

 

すでに登録されている商標と、自分が登録したい商標を入力して「判断する」を押すだけで、2つの商標が類似するかしないかを一瞬で判断してくれます。

 

この判断が絶対という訳ではありませんが一応の目安になります。

 

のちのちのトラブルを避けるためにも、会社名や商品・サービス名を決めるときは事前に商標調査をしておきましょう。

 

 

関連記事

  1. 外国商標登録を意識した日本商標登録出願 外国商標登録を意識した日本商標登録出願
  2. 電子印鑑の作り方 電子印鑑の作り方
  3. 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう
  4. インターネット通販で日本の商品を中国で販売するときの商標トラブル インターネット通販で日本の商品を中国で販売するときの商標トラブル…
  5. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  6. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。
  7. 海外のデザイナーにロゴをデザインしてもらう
  8. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…
PAGE TOP