ブログ

秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策

中国では秘密漏えいに対して民事訴訟と刑事摘発の他に行政機関が検査権限等を活用して独自に摘発を行います。

民事訴訟では秘密性の立証や侵害行為の立証などにおいて、証拠の公証化など原告の負担が大きく、民事訴訟での解決は極めて高いハードルをクリアする必要があります。

秘密漏えいに対して行政機関が権限を発動しやすい環境を整えておくことがリスク対策の一つであり、そのために欠かせない条件の一つが秘密保持契約書の締結です。

反不正当競争侵害を管轄する中国工商行政管理局(AIC)が、漏えいされた秘密に対して「秘密保持措置が講じられていた」と認定すれば権限を発動して摘発が行われます。

「秘密保持措置が講じられていた」と認定されるための条件が規定されており、そのうちの一つに守秘義務契約の締結があります(不正競争の民事案件の審理における法律適用の若干問題についての解釈第11条)。

 

刑事摘発を選択する場合においても、公安に提出する資料のなかには秘密保持契約書が含まれており、秘密保持契約書が行政・刑事の摘発を要請するための資料になっています。

 

取引契約書やライセンス契約書など中国企業と取引するための契約書のなかにも秘密保持条項が規定されています。

しかし、それらのほとんどが秘密情報の範囲や管理方法については何ら規定されていません。

 

中国企業と取引するときは、各種契約書において秘密保持条項を規定するだけでなく、独立した秘密保持契約書を締結しておくことで、民事訴訟だけではなく、行政や公安へ秘密漏えいへの対応を要請することができるようになります。

関連記事

  1. シンガポールがアジア地域の知的財産ハブ拠点になる日
  2. 特許がないブルーオーシャン市場を探せ
  3. 秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法
  4. 肖像権 肖像権は有名人にしか認められないの?
  5. 数字で見るチャイナプラスワンの出願状況
  6. 模倣品の悩みは税関で解決しよう
  7. 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません
  8. 日本企業に不利な中国での改良技術の扱い 日本企業に不利な中国での改良技術の扱い
PAGE TOP