Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

立体商標と意匠の使い分け

立体商標と意匠の使い分け

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ホンダの「スーパーカブ」や「ジャポニカ学習帳」など、これまで意匠として登録されることが多かった商品のデザインが、今後は立体商標としても登録される可能性が増えてきました。

参考 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「

ただ、商品のデザインを立体商標として出願するときは、その商品のデザインを将来も変更せずに使い続けるかどうかを考えておく必要があります。

「スーパーカブ」にしても「ジャポニカ学習帳」にしても、長い間、デザインを変えていません。

つまりデザインを変更するような商品の場合、立体商標は適さないということになります。

 

意匠と商標で大きく違う点は、登録になったあとの取消制度の有無にあります。

モデルチェンジで商品のデザインを変更することは良くあることですが、立体商標として登録した商品のデザインを変更して使用すると、商標登録されている元々の商標を使っていない状態になります。

商標の場合、登録された商標を実際に使っていないと取り消されることがあります。

関連記事

  1. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  2. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?
  3. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  4. 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟
  5. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  6. 中国では意匠も要注意です
  7. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 デザインが同じでも著作権を侵害しない理由
  8. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 インターネット時代のネーミングを考える
PAGE TOP