ブログ

簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方

著作権は商標権や特許権と同じ知的財産権です。

商標権や特許権は知っていても著作権はよくわからないという人が少なくないので、著作権の活用の仕方を紹介します。

 

著作権と商標権や特許権と大きく違うところは、著作権が無方式主義である点です。

著作権は、商標権や特許権と違って登録などの方式をすることなく権利が発生します。

 

商標権や特許権を取得するためには、特許庁の審査が必要ですが、著作権は審査というものがありません。

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生します。

 

権利が発生した後は、その権利を有効に活用してビジネスを進めることができます。

 

例えば、あるデザイナーに製品に表示するロゴデザインを創作してもらいます。

ロゴデザインの著作権を買い取ります。

そのロゴデザインを製品に付けます。

たったこれだけです。

 

あなたの製品には著作権のあるロゴデザインが表示されているので、そのロゴデザインが表示されている製品を第三者が無断で製造すれば複製権の侵害になります。

 

著作権は、保護期間は著作者の死後50年(TPP参加で70年に延長予定)と非常に長いことや、外国での保護も約束されていたり、実はビジネスでも活用しやすい権利なのです。

関連記事

  1. 著作権登録が中国で増えている理由 著作権登録が中国で増えている理由
  2. 中国でウェブサイト運営 中国でウェブサイトを運営する場合の留意点
  3. 正規工場からの横流し品を防ぐ
  4. アディダスにみる立体商標戦術 アディダスにみる立体商標戦術
  5. 模倣をビジネスに取り込む 模倣をビジネスに取り込む
  6. 中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る 中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る
  7. 中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう 中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう
  8. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP