Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方


Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208
Voiced by Amazon Polly

著作権は商標権や特許権と同じ知的財産権です。

商標権や特許権は知っていても著作権はよくわからないという人が少なくないので、著作権の活用の仕方を紹介します。

著作権と商標権や特許権と大きく違うところは、著作権が無方式主義である点です。

著作権は、商標権や特許権と違って登録などの方式をすることなく権利が発生します。

商標権や特許権を取得するためには、特許庁の審査が必要ですが、著作権は審査というものがありません。

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生します。

権利が発生した後は、その権利を有効に活用してビジネスを進めることができます。

例えば、あるデザイナーに製品に表示するロゴデザインを創作してもらいます。

ロゴデザインの著作権を買い取ります。

そのロゴデザインを製品に付けます。

たったこれだけです。

あなたの製品には著作権のあるロゴデザインが表示されています。

そのロゴデザインが表示されている製品を第三者が無断で製造すれば複製権の侵害になります。

そのロゴデザインが表示されているコンテンツを第三者が無断でインターネット上に頒布すれば公衆送信権の侵害になります。

著作権は、保護期間は著作者の死後70年と非常に長いことや、外国での保護も約束されていたり、実はビジネスでも活用しやすい権利なのです。

関連記事

  1. 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入
  2. 罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?
  3. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル
  4. 特許がないブルーオーシャン市場を探せ
  5. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる 中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる
  6. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します
  7. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない
  8. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
PAGE TOP