ブログ

肖像権は有名人にしか認められないの?

肖像権

自分の知らない間に撮影された顔写真がインターネット上に公表されて嫌な気分を味わったことはないでしょうか。

芸能人なら肖像権の侵害を理由に写真の削除を求めることができそうですが一般の人が肖像権を主張することはできないのでしょうか。

肖像権は、日本国憲法第13条に規定される「生命、自由 及び幸福追求に対する国民の権利」の下に保護されている権利です。

従って一般の人でも当然に肖像権は認められます。

 
Vienne de Nuit

photo credit: daniel––gottschling via photopin cc

では芸能人が主張する肖像権との間に差異はあるのでしょうか。

有名人の顔写真を勝手に商品や宣伝に使うと、肖像権のうち財産権的な側面が問題になります。

肖像権には、財産権に基づいた側面と人格権に基いた側面とがあります。

人格権に基づいた側面とは、人の精神を逆撫でさせるような行為です。

自分の顔写真が勝手に世間に公表されれば精神的に腹が立つでしょう。

一方、財産権に基づいた側面とは、金銭的に損をさせるような行為です。

自分の顔写真を勝手に商品や宣伝に使って大儲けしているのに、自分には一銭の見返りもなければ金銭的に損したと思うでしょう。

現在は誰でも簡単にインターネットを介して他人の顔写真を世間に公表して他人の肖像権を侵害してしまうと同時に、だれでも簡単に自分の顔写真が世間に公表されて肖像権が侵害されてしまう時代でもあります。

関連記事

  1. 外国公務員贈収賄罪 中国進出と外国公務員贈収賄罪
  2. 中国で立体商標を登録するメリット 立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット
  3. 外国の調査会社に技術情報を提供したときの違法性
  4. 満足する契約書はない
  5. 料理写真を投稿すると著作権の侵害 料理写真を投稿すると著作権の侵害?
  6. 著作権法に干渉されたくなければ契約を
  7. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  8. 誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実 個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP