Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

自分が著作権者であることを証明できますか?

自分が著作権者であることを証明できますか?

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208
Voiced by Amazon Polly

著作権の譲渡や許諾の契約をするときは、自分が譲渡や許諾をする権原を持っていることを証明することが求められます。

特許権や商標権であれば、特許庁に備え付けられている原簿を確認すれば権原の有無を確認することができます。

原簿への登録が義務付けられる特許権や商標権と違って著作権にはそのような原簿はありません。

そのような原簿がなくても著作権の権原の主張は可能ですが、契約相手側からすれば、この人が本当にこの著作物の著作権者なのかという不安を持つことでしょう。

そのような不安を払拭する方法の一つに著作権の登録制度を利用する方法があります。

著作権法第76条第1項に規定されている「第一発行年月日の登録、第一公表年月日の登録」です。

第一発行年月日の登録、第一公表年月日の登録の法律上の効果は、登録に係る年月日に最初の発行又は最初の公表があったものと推定することですが(同第2項)、実務上の効果として、著作物の著作権者であることを間接的に証明することが期待できます。

第一発行年月日、第一公表年月日を登録すると、著作者の氏名及び著作物の題号が著作権登録原簿に登録されます。

著作権登録原簿に登録されている者がこの著作物の著作権者であることを公示している訳ですから、この原簿を提示することができれば著作権者であることの証明力を高めることができます。

参考 真の著作権者は誰にも分からない

関連記事

  1. 中国契約書の署名・捺印は信用していいのか 中国契約書の署名・捺印は信用していいのか
  2. 秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない
  3. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  4. 中国から利益を回収する香港シンガポール法人の活用方法 中国から利益を回収する香港シンガポール法人の活用方法
  5. 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません
  6. その秘密、ノウハウで守りきれますか?
  7. 数量制限に違反して中国でOEM生産された商品が日本に輸入されてしまった 中国でOEM生産。数量制限に違反して生産された商品が日本に輸入
  8. 論文発表よりも先に特許出願 世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願
PAGE TOP