ブログ

会社名の商標登録は必要か?自分の名前以外なら登録をしておく

自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく
Voiced by Amazon Polly

屋号や商号の商標登録の必要性について迷っている人が少なくありません。
結論から言えば、自分の名前以外の名称を使うなら商標登録は必須です。

ある商標が登録されると、指定した商品やサービスについて商標を使用する権利を専有することができるとともに、登録された商標に類似する範囲の第三者の使用を排除することができます。

このような商標権の効力が及ばない範囲として、商標法は「自己の氏名・名称等を普通に用いられる方法で表示する場合」を規定しています(商標法第26条)。

つまり自分の名前+業種名のような屋号・商号であれば、仮に自分の名前+業種名からなる登録商標が存在したとしても、商標権の効力は及びません。

田中特許事務所の場合で言えば、自己の名称である「田中」と、業種名を表す特許事務所の組み合わせからなる「田中特許事務所」を普通に用いられる方法で表示している限り、かりに「田中特許事務所」という登録商標が存在していても、商標権の効力は及びません。

もしも自分の名前以外の屋号・商号の使用を想定しているのであれば、そのような屋号・商号と同一・類似の登録商標の存在を確認することはもちろんですが、まずは使用する予定の屋号・商号について自ら商標登録をしておくべきです。

使用を予定している屋号・商号と同一・類似の登録商標が現在において存在しないとしても、将来にわたって存在しないことは限らないからです。

屋号・商号を先に使用していたからといって、後から出願した屋号・商号の商標を排除することはできません。

関連記事

  1. ランチェスター式出願戦略のすすめ
  2. 中国では意匠も要注意です
  3. 新元号の商標登録可能性について解説します
  4. 公開されるのが嫌なら秘密にできる意匠登録出願を利用しよう
  5. 特許の取得は目的なのか手段なのか
  6. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品 模倣品業者が気にする中国税関登録物品
  7. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  8. 中国で模倣品を放置しておくことのリスク 中国で模倣品を放置しておくことのリスク

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP