ブログ

著作権が助けてくれた中国商標トラブル

著作権が助けてくれた中国商標トラブル

著作権が中国の抜け駆け商標トラブルの救世主になった「クレヨンしんちゃん」事件があります。

この事件は、クレヨンしんちゃんのキャラクタデザインと、クレヨンしんちゃんを意味する「蜡笔小新」にデザイン処理を施したものを衣類等の区分で商標登録したうえで販売していた中国企業に対して、クレヨンしんちゃんの著作権の侵害を理由に中国企業を提訴したという内容です。

 

中国企業の抜け駆け商標登録に対抗する方法として、商標権を無効にして権利を消滅させる方法が一般的ですが、この事件では原告が有する著作権の侵害を理由に対抗した点がポイントです。

 

この事件で中国企業は、自社が所有する合法的な権利(商標権)を行使したに過ぎず、商標権の正当な使用であるという主張をしました。

 

これに対して司法は、「権利者が自らの合法的な権利(被告の商標権)を行使するにあたり、すでに存在する他人の合法的な権利(原告の著作権)を侵害してはならない」と、中国企業の主張を退けています。

 

司法が言及した「すでに存在する他人の合法的な権利」ですが、中国国内で有効な権利です。

中国以外でのみ有効な権利は該当しません。

 

 

なお著作権と商標権が抵触した場合に、先行する著作権の存在を理由に商標権の効力を制限できるという判断がある一方で、商標権のように商品区分を限定せずに広範にわたって著作権の効力を及ぼしてしまうと、商標法の制度設計が無意味なものになってしまうという理由から、知的創造レベルの低い著作物を著作物の保護対象から排除するという中国の司法判断もあります(日本たばこ産業株式会社商標異議再審紛争事件)。

関連記事

  1. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  2. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国 似ている商標を使っても犯罪にならない中国
  3. ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜 ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜
  4. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
  5. 外国出願 アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。
  6. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく 会社名の商標登録は必要か?自分の名前以外なら登録をしておく
  7. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。
  8. 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法 取扱説明書・仕様書に著作権はあるの?大事な情報を著作権で守るため…

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP