Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

著作権フリーの落とし穴

著作権フリーの落とし穴

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208
Voiced by Amazon Polly

著作権を気にしないで自由に利用できる著作権フリーと呼ばれる著作物には2つの種類があります。

一つは、著作権の保護期間が満了していたり、著作権法の保護対象ではないという理由で、誰でも自由に利用できるパブリックドメインになっている著作物です。

もう一つは、著作権は存在するけれど著作権者の意思で著作権を行使しないという理由で、自由に利用できる著作物です。

どちらの場合も自由に利用できることには違いはありませんが、著作権がある後者の場合は注意しておくことがあります。

それは著作者が死亡した場合です。

著作者が死亡した場合、その著作権は相続されます。

著作権を行使しないという故人の意思を引き続いて相続人が著作権を行使しなければ問題は顕在化しません。

しかし将来の相続人が著作権を行使するかどうかは誰にもわかりません。

法律的には非常に不安定な状態です。

著作権は著作者の死後も70年にわたって存続します。

著作権を譲り受けずに安易に著作権フリーに頼ってしまうと将来思わぬ落とし穴にはまる場合もあります。

関連記事

  1. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  2. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  3. 中国語ネーミング開発 ”しまむら”に学ぶ中国語のネーミング
  4. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
  5. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。 ウソの発明で特許を取得したら懲役です。
  6. インドネシアでも立体商標 インドネシアでも立体商標
  7. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する
  8. 無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想 無断視聴を防ぐことがコンテンツ保護の理想
PAGE TOP