ブログ

著作権侵害は誰にとって悪なのか

Voiced by Amazon Polly

他人のコンテンツを無断でコピーしたり配布したりすることを著作権法では侵害と規定しています。

著作権を侵害する「複製」等の行為は刑事罰の対象にもなる悪質な行為ですが、本当に著作権侵害は悪いことなのでしょうか。

コンテンツを作っただけで満足する人はいないと思います。

誰かに読んでもらいたい、誰かに聴いてもらいたい、コンテンツを創った自分の存在を知ってもらいたい、と思うはずです。

そんなときに便利な方法がインターネットを使った拡散です。

コンテンツを無断で拡散することが著作権の侵害であると認識されていますが、コンテンツを創作した人の全てが、「拡散」を望んでいないとは限りません。

本当は無断で拡散してもらいたいと思っているのかもしれません。

著作権侵害に該当しても、無断で「拡散」してもいいと思っている人にとっては、その「」は悪いことではなく良いことなのです。

著作権の侵害が一部非親告罪になりました。

良い殺人・悪い殺人という観念がないから、殺人をしたら被害者が親告しなくても刑事罰を科すというのはわかります。

良い「拡散」・悪い「拡散」が観念できる以上、無断で「拡散」したらコンテンツを創作した人が「被害」を親告しなくても著作権侵害として刑事罰を科すというのは如何なものでしょうか。

関連記事

  1. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  2. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  3. 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権
  4. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  5. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…
  6. インドネシアでも立体商標 インドネシアでも立体商標
  7. 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意
  8. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。 ウソの発明で特許を取得したら懲役です。
PAGE TOP