ブログ

著作権契約と権原保証

Voiced by Amazon Polly

登録公示制度を採用している特許制度や商標制度は、特許庁に備え付けられている原簿を確認することで真の特許権者や商標権者を証明することができます。

翻って著作権はどうでしょう。

創作と同時に発生する著作権は、特許権や商標権のような審査制度もなく、公示制度もありません。

また特許権や商標権を移転する場合は、原則、登録が義務付けられているのに対して、著作権の移転は登録の義務もありません。

このような不安定な著作権がビジネスに与えるリスクについては予め考慮しておく必要があります。

著作権の譲渡や許諾をする契約を交わすことが増えてきましたが、契約書には譲渡や許諾する権原を有していることを証明する権原保証条項を加えておくと良いでしょう。

著作権者が創作者である場合の権原保証は、他人の著作物に依拠することなく独自に創作したという内容になるでしょう。

東京五輪のロゴマークのときのように、後日になって似たような著作物の存在が明らかになったとしても、それが独自に創作した創作物であれば合法的に著作権が発生するからです。

著作権者が創作者ではなく、創作者から著作権を譲り受けた譲受人の場合の権原保証は、創作者が有していた著作権の移転の登録がされているという内容になるでしょう。

著作権の移転の登録は、特許権や商標権の移転の登録のようの効力発生要件ではありません。

したがって登録がなくても著作権の移転という法的効果は発生します。

しかしながら二重譲渡があった場合、著作権の移転の登録がない譲受人は第三者に対抗することができません。

著作権の移転の登録があれば、第三者に対抗するという法的効果を得ることができ(著作権法第77条)、二重譲渡があった場合でも譲渡や許諾をする権原があることを保証することができます。

関連記事

  1. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  2. 著作権登録制度の不利益を被らないために 著作権登録制度の不利益を被らないために
  3. 著作権侵害は誰にとって悪なのか
  4. 商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める 商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める。
  5. SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している…
  6. 真の著作権者は誰にも分からない 真の著作権者は誰にも分からない
  7. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  8. 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP