ブログ

謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる

謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる
Voiced by Amazon Polly

ライバル会社の特許を調べるときに役立つ特許庁のDB「特許情報プラットフォーム」には、出願から登録までの手続、さらには年金の納付状況も公開されています。

年金の納付状況は権利の存続状況を調べるときに欠かせない情報であり、納付状況を照会することにより年金が納付されていない権利に基づくエンフォースメントに対抗することができます。

さて公開されているはずの年金納付状況ですが、稀に謄本閲覧禁止により年金の納付状況が公開されていない場合があります。
謄本閲覧禁止の理由は庁内処理に手間がかかっているなど様々ですが、謄本閲覧禁止が解除されない限り、年金の納付状況が公開されることはありません。
謄本閲覧禁止の場合、謄本の取り寄せも不可能です。

ただし謄本閲覧禁止の場合であっても、年金の納付状況を確認する方法が全くないわけではありません。
日本特許庁のファイル情報は海外の特許DBに提供されており、場合によっては海外DBにアクセスすることにより、日本では照会することができない情報を確認することができる場合があります。

最も身近な海外DBは、欧州特許庁が作成しているESPACENETです。
ESPACENETが開示しているLegal eventには、年金納付状況が含まれています。

関連記事

  1. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権
  2. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  3. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  4. 著作権登録が中国で増えている理由 著作権登録が中国で増えている理由
  5. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  6. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  7. 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策
  8. その秘密、ノウハウで守りきれますか?
PAGE TOP