Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

転売が禁止されている製品を売ったときの罪

転売が禁止されている製品を売ったときの罪

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

取引において転売を禁止する特約(再譲渡禁止特約)を締結することがあります。

では再譲渡禁止特約に反して製品を売った場合はどうなるのでしょう。

 

まず転売禁止という約束を守らなかったので債務不履行による損害賠償責任(民法415条)が生じます。

もし製品に特許権などの知的財産権がある場合は、債務不履行責任に加えて知的財産権侵害の責任を問われる可能性があります。

知的財産権は契約当事者以外の第三者にも効力が及ぶので、転売禁止に反して売られた製品を買った人にも知的財産権の効力が及びます。

 

知的財産製品の取引で契約が守られない場合、債務不履行責任が生じるだけでなく、知的財産権の行使もできることが、知的財産製品の強みです。

時間と費用をかけて知的財産権を取得する意味はこんなところにもあります。

関連記事

  1. 論文発表よりも先に特許出願 世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願
  2. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  3. 特許がないブルーオーシャン市場を探せ
  4. 事務所名と事業主名を同じにするメリット 事務所名と事業主名を同じにするメリット
  5. 中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう 中国ビジネスは人治主義と法治主義を使い分けよう
  6. 著作権法に干渉されたくなければ契約を
  7. タイムスタンプ 中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。…
  8. 中国企業の総経理という肩書を信じてはいけない 中国企業の総経理という肩書を信じてはいけない
PAGE TOP