Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

開放された特許は本当に自由に使えるのか

開放された特許は本当に自由に使えるのか

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

最近、特許権などの知的財産権を他人に開放する動きがあります。

なかには無料で開放する場合も少なくありません。

特許発明を無料で使えるというメリットがありますが、物事には必ずデメリットもあります。

では無料開放された特許発明を使うデメリットを考えてみましょう。

 

発明のなかには、他人の知的財産を利用して完成させた発明があります。

これを利用発明といいます。

 

利用発明を実施すると、利用発明に含まれている特許などの他人の知的財産も実施することになります。

利用発明の権利者が自分の特許発明を無料で開放し、自由に実施してもいいですよ、とは言っても、利用発明に含まれる他人の知的財産をも自由に使わせることはできません。

もし他人の知的財産を無断で実施すれば他人の知的財産権の侵害になります。

 

知的財産権のライセンス契約では、ライセンスされた特許などの知的財産を実施した結果、他人の知的財産権を侵害した場合の補償条項が含まれています。

無料で開放されている特許発明を実施した結果、他人の知的財産権を侵害した場合、何の取り決めもなければ実施者が全ての責任を負うことになります。

 

利用発明の実施にリスクがあるならば、実施しようとする発明が利用発明かどうかを事前に調べておけばリスク回避できるだろうと考えるかもしれません。

ところが、その発明が利用発明かどうかを調べることは簡単ではありません。

発明者も、自分が完成させた発明が、他人の知的財産を利用しているのかどうかについて、分からないことが殆どです。

 

さらに厄介なことに、発明の殆どが利用発明と言っても過言ではありません。

 

発明とは、先人たちの知的財産にアイデアを累積的に積み上げて完成させたものです。

何もないところから、突然、発明が生まれるわけではありません。

 

無料開放されている特許発明を実施するときは、権利侵害のリスクも考えておく必要があります。

関連記事

  1. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  2. 正規工場からの横流し品を防ぐ
  3. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 デザインが同じでも著作権を侵害しない理由
  4. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  5. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  6. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録
  7. 数字で見るチャイナプラスワンの出願状況
  8. 中国商標。権利者の決め方 中国商標。権利者の決め方
PAGE TOP