ブログ

香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス

香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス

香港の知的財産局は、出願しようとする商標に対する予備調査サービスを提供しています。

予備調査をリクエストすると、出願しようとする商標の商品または役務と同一または類似の商標がすでに登録されていないかを調査してくれます。

 

出願しようとする商標の商品または役務と同一の商標がすでに登録されていれば、出願を断念したり、別の商標を考えるというような対応ができます。

 

出願しようとする商標の商品または役務と類似の商標が登録されていた場合、知的財産局はさらに登録の可能性についてアドバイスを提供しています。

知的財産局の調査内容に基づいて、出願の要否や別の商標を考えるといった判断をすることができます。

 

香港で商標を登録するために必要な費用は、出願時に発生する費用の他、実体審査で拒絶理由が通知されたときの費用も考えなければなりません。

予備調査を利用して登録可能性が高い商標を出願すれば、実体審査で拒絶理由が通知される可能性も低くなります。

予備審査を利用して拒絶理由を回避できれば、香港で商標を登録するために必要な費用と時間を最小限に抑えることができます。

関連記事

  1. 外国出願 アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。
  2. 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策
  3. 壁に落書きするならミッキーよりファービー 壁に落書きするならミッキーよりファービー
  4. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル
  5. 模倣をビジネスに取り込む 模倣をビジネスに取り込む
  6. 学生が行った発明は大学のもの 学生が行った発明は大学のもの
  7. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  8. 商標の偽造と模倣の違い 商標の偽造と模倣の違い

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP