TANAKA Law & Technologyについて

TANAKA Law & Technologyは、「法律」と「技術」を駆使し、知的財産の発掘・権利化・活用というステージにおいて経営者・起業家の皆様にオーダーメイドのサービスを提供することを心がけています。

知的財産サービスを提供する組織は大きく2つのタイプに分かれます。
一つ目は大企業を相手に大量出願を効率よく行うために多くのスタッフで構成されている組織。
1990年代の日本は特許出願件数が最盛期を迎えた時代であり、規模の拡大が進んだのもこの時代です。
規模のメリットを活かしてあらゆる分野に対応することが可能である反面、手続毎に担当者が異なるため依頼者側から見ると担当者の顔が見えないという側面があります。
2000年に入った頃から規模の拡大を求めることはなくなりましたが、それでも複数の担当者が役割を分担して業務を進めることに変わりはありません。
二つ目は一つ目とは正反対に、各人が全ての手続きを担当する少人数の組織です。
このタイプは多くの依頼を処理することはできません。そしてその担当者の専門分野以外の依頼を受けることはできません。
かつての「特許事務所」のほとんどが二つ目のタイプでしたが、規模の拡大を目指した時代には見向きもされませんでした。

知財の執事として

TANAKA Law & Technologyは決して大規模な組織ではありません。そして規模の拡大を目指すこともありません。しかし以前と同じタイプの零細組織というわけでもありません。
21世紀に入ってからのITの進歩は知財の世界においても組織の在り方を大きく変えました。
IT技術を駆使することで一人の人間がカバーできる業務が格段に増えました。
これまで大規模な組織でしか対応できなかった海外の権利化についても、インターネットを介したコミュニティーの構築により容易に海外の代理人と協同作業ができるようになりました。
手続毎に担当者を変えて効率化を求めていたのも一人の担当者がカバーできることが限られていたからであり、法定期限という限られた時間内で手続きを完結させるためでした。
AI時代を迎える今、以前にも増して経営者・起業家の皆様が抱える課題に対して弁理士の経験・専門性を活かしたきめ細かサービスを提供することが求められます。
TANAKA Law & Technologyは、知財の執事として依頼者と一緒に歩んでいく在り方を目指します。

概要

名称  TANAKA Law & Technology

所在地 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F KSフロア

    静岡県静岡市清水区相生町6-17産業情報プラザ6F

Phone 050 3580 5284

代表  田中智雄

PAGE TOP