ブログ

中国

誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実

個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点

商標権や意匠権などの知的財産権を取得しておけば安心という考えがアマゾンの台頭により崩れ去ろうとしています。近年…

冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録

中国で商標を出願しておくことは冒認出願対策の基本ですが冒認出願対策は商標登録だけではありません。登録商標は無効または取…

その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

冒認出願対策としてとりあえず中国に商標を出願しておく、というケースが少なくありません。中国は日本と同じように登録主義を…

中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか

日本において店舗外観の模倣はこれまで不正競争防止法に頼ることが一般的でした。しかし不正競争防止法による保護は、周知・…

商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由

商標制度の間隙を突かれたトラブルが中国で発生しました。商標制度は商品・サービスごとに独占権を付与します。…

中国を攻略するための模倣品対策

中国の模倣品対策のために特許や商標を中国へ出願するのは当然ですが、中国の模倣品対策を成功させるためには中国へ出願するだけ…

秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法

会社の秘密情報が漏えいする最も典型的なケースは、退職した人が前職で得た情報を転職先企業に提供する場合です。退職時…

提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略

2015年に発表された中国製造2025は、「2025年までに世界の製造強国入り」というロードマップを示しています。…

秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策

中国では秘密漏えいに対して民事訴訟と刑事摘発の他に行政機関が検査権限等を活用して独自に摘発を行います。民事訴訟で…

数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

チャイナプラスワンとしてインドネシア・タイ・マレーシア・ベトナムへの進出が加速していますが、知的財産の出願件数も増…

さらに記事を表示する
PAGE TOP