ブログ

契約書

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

契約書で大事なことは、トラブルが発生したときの解決方法を明確に記載しておくことにあります。ここでいうトラブルの解決方…

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約を締結することにより相手から開示された情報を契約期間にわたって守秘する義務が生じます。どの程度の契約…

キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

「正規運賃の3倍」キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

キセル乗車が発覚した場合の違約金が正規運賃の3倍ということはよく知られていることです。ペナルティの内容を金銭に絡めて…

罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?

法律の遵守率を高めるための立法技術の一つは、遵守しない場合の罰則を定めておくことです。国家が国民に対して定めるル…

秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策

中国では秘密漏えいに対して民事訴訟と刑事摘発の他に行政機関が検査権限等を活用して独自に摘発を行います。民事訴訟で…

「法律」は現実の後追い、「契約」は未来の先取り

問題が起きたあとに整備されるのが法律である以上、法律はその性質上、現実の後追いしかできません。ビジネスを行ううえで法…

著作権法に干渉されたくなければ契約を

著作権法の原理・原則は、「権利者の了解を得て利用する」という極めて簡単なことです。著作権法の理解を難しくしている…

「疑義が生じた場合には双方が誠実に話し合う」契約書は役に立たない

契約を交わす大きな目的は、利害が対立している者同士が、お互いが納得できる内容を明らかにしておくことにあります。価…

秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない

取引先や従業員との間で交わされる秘密保持契約をみると、「知り得た情報を第三者に漏らしてはならない」という一文を以て秘密の…

満足する契約書はない

守秘義務契約、ライセンス契約、著作権譲渡契約など、取引を始める場合には契約書の締結が必要です。契約書というとイン…

さらに記事を表示する
PAGE TOP