法務

Eメールが届いていない! 中国企業との取引に注意

Eメールが届いていない!中国企業との取引に注意

一昔前であれば海外企業との通知方法は、まずFAXを送信し、その後、コンファメーションでレターを郵送するというのが一般的で…

辞めることを考えて契約する

辞めることを考えて契約する

これからビジネスを始めようとするときに辞めることを考えるのは不謹慎、というのが日本のビジネスの考えです。しかし、永久に…

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

契約書で大事なことは、トラブルが発生したときの解決方法を明確に記載しておくことにあります。ここでいうトラブルの解決方…

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約を締結することにより相手から開示された情報を契約期間にわたって守秘する義務が生じます。どの程度の契約…

キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

「正規運賃の3倍」キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

キセル乗車が発覚した場合の違約金が正規運賃の3倍ということはよく知られていることです。ペナルティの内容を金銭に絡めて…

本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にならない日本

本物そっくりのミニカーを製造販売しても自動車の意匠権を侵害しない日本の意匠制度。日本の意匠法は、意匠権侵害を構成する…

特許権や商標権が侵害されたら司法よりも行政を利用するべき理由

特許権や商標権の侵害を審理する裁判所は、まず権利侵害の有無を審理し、侵害の心証を得た場合に損害の有無を審理するという二段…

中国で現地法人を設立するときの代表者を誰にするべきか

中国で現地法人を設立するときは、日本の代表取締役に相当する法定代表人を定める必要があります。日本本社の代表取締役…

中国で訴訟するなら先ずは出国

ビジネスにトラブルはつきものです。トラブルを解決のためには訴訟を選択するかもしれませんが、中国で訴訟を始めるなら…

特許がないブルーオーシャン市場を探せ

競争の激しいレッドオーシャン市場には多くの特許が存在します。自社製品の製造販売の妨げになる他社の特許が存在しない…

さらに記事を表示する

Pick Up

  1. 中国会社法改正。1元で会社設立は可能か
  2. 中国から回収した利益を留保する香港シンガポールの活用方法
  3. インターネット通販で日本の商品を中国で販売するときの商標トラブル
  4. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  5. IP電話でフリーダイヤルに発信
  6. 中国商標ライセンス契約で気をつけたい使用許諾する商品名
  7. 香港の商標は繁体字だけでなく簡体字も忘れずに
  8. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上
PAGE TOP