ブログ

法務

辞めることを考えて契約する

辞めることを考えて契約する

これからビジネスを始めようとするときに辞めることを考えるのは不謹慎、というのが日本のビジネスの考えです。しかし、永久に…

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

契約書で大事なことは、トラブルが発生したときの解決方法を明確に記載しておくことにあります。ここでいうトラブルの解決方法…

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約を締結することにより相手から開示された情報を契約期間にわたって守秘する義務が生じます。どの程度の契約期間…

キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

契約書に書くべき内容とは。破られない契約書の作り方

多くの契約書には、○○をしてはならない、という禁止条項は書かれていても、○○をしなかった場合のペナルティ条項が書かれてい…

本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にならない日本

本物そっくりのミニカーを製造販売しても自動車の意匠権を侵害しない日本の意匠制度。日本の意匠法は、意匠権侵害を構成する要…

特許権や商標権が侵害されたら司法よりも行政を利用するべき理由

特許権や商標権の侵害を審理する裁判所は、まず権利侵害の有無を審理し、侵害の心証を得た場合に損害の有無を審理するという二段…

特許がないブルーオーシャン市場を探せ

競争の激しいレッドオーシャン市場には多くの特許が存在します。自社製品の製造販売の妨げになる他社の特許が存在しない国を…

罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?

法律の遵守率を高めるための立法技術の一つは、遵守しない場合の罰則を定めておくことです。国家が国民に対して定めるル…

秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法

会社の秘密情報が漏えいする最も典型的なケースは、退職した人が前職で得た情報を転職先企業に提供する場合です。退職時…

秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策

中国では秘密漏えいに対して民事訴訟と刑事摘発の他に行政機関が検査権限等を活用して独自に摘発を行います。民事訴訟で…

さらに記事を表示する
PAGE TOP