法務

罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?

法律の遵守率を高めるための立法技術の一つは、遵守しない場合の罰則を定めておくことです。国家が国民に対して定めるル…

秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法

会社の秘密情報が漏えいする最も典型的なケースは、退職した人が前職で得た情報を転職先企業に提供する場合です。退職時…

秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策

中国では秘密漏えいに対して民事訴訟と刑事摘発の他に行政機関が検査権限等を活用して独自に摘発を行います。民事訴訟で…

「法律」は現実の後追い、「契約」は未来の先取り

問題が起きたあとに整備されるのが法律である以上、法律はその性質上、現実の後追いしかできません。ビジネスを行ううえで法…

著作権法に干渉されたくなければ契約を

著作権法の原理・原則は、「権利者の了解を得て利用する」という極めて簡単なことです。著作権法の理解を難しくしている…

「疑義が生じた場合には双方が誠実に話し合う」契約書は役に立たない

契約を交わす大きな目的は、利害が対立している者同士が、お互いが納得できる内容を明らかにしておくことにあります。価…

秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない

取引先や従業員との間で交わされる秘密保持契約をみると、「知り得た情報を第三者に漏らしてはならない」という一文を以て秘密の…

以心伝心とはテレパシーのこと

日本の社会で好んで用いられる「以心伝心」。ある辞書によれば、”言葉によらずに、互いの心から心に伝えること。言語で…

性善説・性悪説に頼らない中国との付き合い方

中国のことを語るうえで必ずと言っていいほど登場する「性悪説」という言葉。居酒屋の会話であるなら良いのですが、ビジ…

日本人が好きな契約書の形

契約書嫌いの日本人から見た契約書の理想形は、何も書かないこと、だということができます。相手が何を言おうとしている…

さらに記事を表示する

Pick Up

  1. 中国人が日本直送品を好む理由
  2. 嫌がられるJASRACにも良いところがある
  3. 中国人との国際結婚。最初の婚姻手続きを日本で行う場合
  4. インドネシアでも立体商標
  5. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。
  6. 壁に落書きするならミッキーよりファービー
  7. 著作権登録のすすめ
  8. 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害
PAGE TOP