ブログ

FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収

FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収

海外から資金を回収する手段として使われるロイヤリティですが、多くの国においてロイヤリティは関税の評価基準となる課税価格の加算要素になるため、高いロイヤリティを設定してしまうと課税価格が上がり、関税が上がってしまいます。

関税は現地での販売価格に反映するため、設定するロイヤリティにも限界があります。

課税価格を低くし関税を抑えることが、これまでの貿易取引では必要でしたが、関税が減免または免税になるFTAを利用する場合、課税価格を低くするというこれまでの束縛から解放されます。

現地での価格競争力を上げるためには、製品の取引価格を上げるという方法は採りにくいので、取引価格を下げ、それによる不足分をロイヤリティで補うという方法が活発になります。

ロイヤリティのなかには、特許権や商標権のように現地での登録が必要なものがあります。

例えば部品を中国に輸出し、中国で完成品を製造・販売するような場合、中国からロイヤリティを使って資金を回収するためには、中国で特許権や商標権を登録しておく必要があります。

参考 中国から利益を回収する知的財産の活用方法

関連記事

  1. 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う
  2. 技術情報 中国で技術情報を安全確実に守る方法
  3. 学生が行った発明は大学のもの 学生が行った発明は大学のもの
  4. 誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実 個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点
  5. 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性
  6. 外国特許出願と情報管理 安全保障貿易管理のため外国特許出願する場合には「必要最小限の技術…
  7. 著作権侵害は誰にとって悪なのか
  8. 五輪ロゴ、専門家の「似ている」判断が世間と違う理由 専門家の「似ている」判断が世間と違う理由

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP