中国行きが決まったら日本でVPNを設定しておく

中国行きが決まったら日本でVPNを設定しておく

中国のインターネット環境が年々厳しくなっています。

数年前ならアクセスが規制されているサービスはYouTubeやFacebookに限られ、google関連サービスも頻繁に遮断されるものの短時間ならアクセスできました。

ところが最近ではグーグル関連のサービスは完全に遮断されてしまい、規制の対象はYahoo関連サービスや他のウェブサービスにも拡がっています。

 

中国へ行ってインターネットが遮断されると、初めてことの重大さに気づきます。

慌ててVPNを設定しようとしてもVPNサービスを提供するサイトにアクセスできない場合や、認証情報が送られてくるEメールを受信できない場合があるので、VPNは日本にいる間に設定しておいた方が確実です。

多くのVPNサービスが提供されていますが、VPNサービスを選ぶ場合は次の3つを注意してください。

 

有料サービスであること。

VPNサーバが規制の対象になっていて頻繁に遮断されますが、有料サービスであればサーバが規制されても短時間で復旧します。

 

日本語が用意されていること。

VPNの設定はそれほど難しくはありませんが、それでも日本語が用意されているVPNサービスを選んだ方が安心です。

 

1つのアカウントで複数の端末にVPNを設定できること。

パソコンの他に携帯端末にもVPNを設定する場合に経済的です。

 

さらに複数の端末から同時にVPNサービスを利用できる方が便利です。

 

VPNサービスは1つだけではなく複数設定しておいた方が安心です。

複数のVPNサービスが同時に遮断される可能性は低いので、予備のVPNサービスを用意しておいた方がよいでしょう。

 

これまで使用してきたVPNサービスのなかで安定していたのは次の2つです。

12

Astrill

関連記事

  1. 海外出張のときに重宝するパソコンの遠隔操作

    海外出張のときに重宝するパソコンの遠隔操作

  2. 中国と日本の商標登録出願を比較

    中国と日本の商標登録出願を比較

  3. IP電話でフリーダイヤルに発信

    IP電話でフリーダイヤルに発信

  4. 中国の百度にインデックスさせる

    中国の検索エンジン百度(バイドゥ)にインデックスさせる

  5. 中国でウェブサイト運営

    中国でウェブサイトを運営する場合の留意点

  6. 日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

    日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

  7. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

    中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録

  8. 海外のデザイナーにロゴをデザインしてもらう