ブログ

中国で音の商標登録ができます

音の商標

アメリカではすでに音の商標登録が認められていましたが、ようやく日本や中国でも音の商標登録ができるようになりました。

特定の音を聞いたときに、これはあの会社や商品の音だな、と識別できることが音の商標が登録される条件です。

日本で有名な音の商標は、例えば、

久光製薬

アフラック生命

インテル

が挙げられます。

これまでは視覚により識別できる商標が主体でしたが、最近ではスマートフォンの着信音やゲームの効果音など、聴覚により識別できる商標が増えてきました。

今後は音で他の商品やサービスと差別化していくことになります。

さて音の商標の出願方法ですが、商品またはサービスを指定し、商標の説明及び商標を示す音声ファイル又は楽譜を提出する方法が採られています。

“The mark consists of the word “HISAMITSU” sung over the sound of four musical tones, E, A, E, and F sharp. The first three notes being eighth notes and the final note being a tied eighth and half note”

 

Large

 

 

 

 

 

 

追記

2016年2月13日に中国国際放送局のテーマ曲が第一号の音商標として登録されました。

関連記事

  1. ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜 ユーチューブで公開した現場映像の扱い〜報道機関の著作物利用〜
  2. 中国では意匠も要注意です
  3. 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分
  4. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  5. 誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実 個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点
  6. 肖像権 肖像権は有名人にしか認められないの?
  7. 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国
  8. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP