ブログ

中国でウェブサイトを運営する場合の留意点

中国でウェブサイト運営

中国ではウェブサイトへのアクセスが遮断されたり、まだまだインターネットが自由に使える環境ではありません。

そこで中国でウェブサイトを運営する場合の留意点を紹介します。

 

ICP番号の取得

中国でウェブサイトを運営する場合は、政府へ届け出てICP(Internet Contents Provider)番号を取得するのが一般的です。

ウェブサイトを運営する場合に必ず必要という訳ではありません。

ただICP番号を取得していないウェブサイトの場合、中国からのアクセスが遮断される場合があります。

ICP番号には非経営性と経営性の2つがあります。

経営性のICP番号を取得するためには中国国内で法人登録されている必要があります。

 

サーバ

中国国内のサーバを利用するケースと、日本や香港などの海外サーバを利用するケースが考えられます。

中国国内のサーバを利用する方がアクセス速度が速いというメリットがあります。

反面、ICP番号を取得しなければならない、中国国内のサーバ利用料が日本に比べて高い、中国政府の管理下に置かれるというデメリットがあります。

 

ドメイン

中国を表すcnドメインがあります。

最近はcomドメインで運用する企業が増えています。

ドメインの取得料も高いので新たにcnドメインを取得する必要はないでしょう。

ただ中国からのアクセスを考えるとjpドメイン以外で運用した方が日中関係の影響を回避することができます。

過去にもjpドメインを対象に中国からのアクセスを制限したことが何度かありました。

 

メールアドレス

中国ではメールの配信に遅延が生じることがあります。

中国企業ではメールアドレスは補助的な位置づけです。

最も利用されているのはQQと呼ばれるコミュニケーションツールです。

googleが提供するメールサーバを利用する場合ですが、管理画面へのアクセスができなかったり、できたとしても短時間で遮断されてしまいます。

 

決済方法

中国では代金を支払っても確実に届くという保証がないので、クレジットカードやPayPalのような直接決済は人気がありません。

代金を一旦、第三者に預け、商品が届いたら預けた代金を支払うことができる支付宝と呼ばれる間接決済が利用されます。

 

関連記事

  1. 契約書に書かないことのリスク 契約書に書かないことのリスク
  2. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 インターネット時代のネーミングを考える
  3. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  4. 意外と便利なJASRACが管理する音楽 意外と便利なJASRACが管理する音楽
  5. 法律に頼らず契約で解決
  6. 外国公務員贈収賄罪 中国進出と外国公務員贈収賄罪
  7. 中国ライセンス契約 他人の著作物を引用するときの大事なルール
  8. シンガポールがアジア地域の知的財産ハブ拠点になる日

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP