ブログ

正規工場からの横流し品を防ぐ

中国の有名な通販サイトを見ていると、日本輸出向けと称して市場価格よりも相当に安い値段が付けられた日本の商品が掲載されていることがあります。

横流し品やB級品と言われている商品です。

これらの商品は、僅かな傷があるため検品に合格しなかった商品、一旦購入されたあとメーカに返品された商品の再販品、無断製造品です。

検品に不合格になった商品や返品商品は使用には全く問題がないためとても人気がある商品です。

 

横流し品やB級品を製造している工場は、商標権者からの授権を得た正規の工場です。

本来、横流し品やB級品が市場に出回ることはあり得ないはずですが、現実には横流し品やB級品が流通してしているのが事実です。

最近では出荷するときにタグを切除して証拠の隠蔽を図るなど手口が巧妙化しています。

 

横流し品やB級品を流通させないようにするためには製造管理を徹底するしかありません。

模倣品の製造工場に対しては商標権侵害を理由に工場を摘発することができますが、正規工場に対しては単なる債務不履行の問題であるとして工商局の取締りを期待することが簡単ではないからです。

 

製造委託契約では横流し品やB級品の扱いについて十分に規定しておきましょう。

契約に反して横流し品やB級品が出荷されたことが明らかになった場合、罰金を課したり契約を解除するなどの強行規定を設け、横流し品やB級品を流通させないという強い意思表示が必要です。

 

通販サイトを観察してみると、横流し品やB級品が市場に多く流通しているブランドがある一方で、殆ど見かけることがないブランドがあることも事実です。

ブランド価値を維持していくうえでも横流し品やB級品の扱いは慎重にしましょう。

関連記事

  1. アディダスにみる立体商標戦術 アディダスにみる立体商標戦術
  2. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要
  3. 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録
  4. 未登録商標を使い続けるリスクを理解してますか? 未登録商標を使い続けるリスクを理解していますか?
  5. 模倣をビジネスに取り込む 模倣をビジネスに取り込む
  6. 数量制限に違反して中国でOEM生産された商品が日本に輸入されてしまった 中国でOEM生産。数量制限に違反して生産された商品が日本に輸入
  7. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  8. 簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP