ブログ

簡単にできる中国商標の調査

中国商標調査

中国に工場を作って自社製品を製造する、中国の市場で自社製品を販売する予定がある場合、事前に中国の商標を調査しておくことをおすすめします。

中国の商標調査と聞くと何やら難しいように思うかもしれませんが、中国国家工商行政管理総局という中国の商標を管理しているところが、オンラインの無料検索データベースを提供しています。

その無料データベースを利用して商標調査をする方法を紹介します。

まず商標局にアクセスして、「我接受」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に左上の商標類似検索をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に商標調査に必要な項目を入力します。

国際分類に1〜45のいずれか1つの数字を半角で入力します。

国際分類が分からない場合は、「商品分类帮助」に一覧が出ています。

日本の特許庁が採用している国際分類ともほぼ一致していますので、こちらを参考することもできます。

 

「調査方法」をクリックして商標の種類を選択します。

クリックすると、メニューが開くので(左から「漢字」、「ピンイン」、「英語」、「数字」、「頭文字」、「図形」)、のいずれかその中から適当なものを選択します。

 

調べたい商標の蘭に商標を入力します。

 

最後に「调询」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しに「富士山」を調べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「富士山」と同一または類似する商標が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に左上の「富士山」をクリックしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに登録されている商標「富士山」の権利者名や権利期間が記載されています。

 

「打印」をクリックすると印刷もできます。

 

商標検索のメリットは、中国に商標を出願する前に登録の可能性が分かること、中国で商標を使用する前に商標権侵害の可能性が分かることです。

 

今や中国は世界で一番、商標が多い国です。

商標トラブルに巻き込まれないように事前に商標の調査をしておきましょう。

関連記事

  1. 外国出願 アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。
  2. 簡単にできるUI類似デザイン検索 簡単にできるUI類似デザイン検索
  3. 著作権侵害を回避する最も確実な方法
  4. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  5. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国 似ている商標を使っても犯罪にならない中国
  6. 中国で模倣品を放置しておくことのリスク 中国で模倣品を放置しておくことのリスク
  7. なぜ著作権の保護期間は延長されるのか なぜ著作権の保護期間は延長されるのか
  8. 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP