ブログ

中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法

中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法

中国の2012年の電子商取引市場の取引額が8兆163億元(約128兆2600億円)に達したそうです。

ネット商品取引の最王手であるタオバオには、無いものは無いといわれるほど、多くの商品が販売されています。

 

ネットビジネスの急成長に伴い模倣品の販売も急増しています。

ネット上の権利侵害の特徴は、ネットモール運営者が主体的に権利侵害を犯しているわけではないということです。

実際に権利侵害を犯している業者を特定し模倣品対策を行うことができれば直接的かつ効果的ですが、費用や実効性の面で躊躇してしまう企業が殆どです。

製造工場を特定して警告したとしても、名義を変えてしまったり工場を閉鎖してしまうだけですので効果が期待できないのが実情です。

 

現在では、中国でも日本と同様にサービス・プロバイダ等の民事責任を規定した法律が整備されています。

この法律はモール運営者に模倣品阻止に協力する義務を課しています。

経験上、タオバオ等のモール運営者への警告で一定の効果を上げたケースが少なくありません。

 

タオバオ等のモールに対して、模倣品の削除等の協力を要請する場合はタオバオに次の資料を提出します。

・中国ので登録されている商標等の知的財産権の登録証

・警告者が中国での正当な権利者(ライセンシー)であるを示す資料

・タオバオに模倣品が出店されていた事実を示す資料

・模倣品を出店している販売元を示す資料

 

資料を提出してからタオバオ社内での調査を経て、数日後には模倣品が削除されます。

関連記事

  1. 著作権契約と権原保証
  2. 絵で見る中国の知財パワーの凄まじさ
  3. 商標が有名になると類似範囲は狭くなる不思議 商標が有名になると類似範囲が狭くなる不思議
  4. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  5. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  6. 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは 商標登録出願、拒絶理由が通知されても諦めてはいけない理由とは
  7. 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国 特許権を侵害した人を罰する刑事罰がない中国
  8. 知財法務顧問サービス 香港特許。まず中国へ出願。

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP