特許意匠調査

新しいアイデアやデザインを思いついたが、すでに同じようなアイデアやデザインが出願・登録されていないかどうかを調べたい。

新しい製品やサービスを提供したいが、特許権や意匠権の侵害が気になる。

過去に出願・登録されている特許や意匠を調査して、開発の方向性を確認したり、将来の権利侵害を回避するためのアドバイスを行います。また、特許権・意匠権の侵害に該当するかどうかの弁理士鑑定を提供します。

特許意匠調査の種類

先行技術・デザイン調査

新しいアイデアやデザインを出願する前に行う調査です。公開公報・登録公報のなかから該当するアイデアやデザインを抽出して同一または類似するアイデアやデザインがないかを調べます。この調査を行うことにより、重複するアイデアやデザインを出願することを避けることができます。

侵害調査

新しい製品やサービスを提供する前に行う調査です。登録公報のなかから製品やデザインを実施した場合に障害となる特許発明や登録意匠がないかを調べます。この調査を行うことにより、権利侵害のリスクを事前に知ることができ、また特許発明や登録意匠を避ける設計変更して、将来の権利侵害のリスクを避けることができます。また、自社の製品・サービスの実施が他社の特許権・意匠権の侵害に該当するかどうか、他社の製品・サービスの実施が自社の特許権・意匠権の侵害に該当するかどうかの弁理士鑑定を行います。

技術・デザイン動向調査

新しいアイデアやデザインを開発する前に行う調査です。公開公報・登録公報に開示されているアイデアやデザインを調べます。この調査を行うことにより、他社の開発状況や市場の技術動向を知ることができます。

クリアランス調査

他社の特許権や意匠権を無効にするための調査です。公開公報・登録公報に開示されている、他社の特許発明や登録意匠と同一または類似するアイデアやデザインを調べます。この調査を行うことにより、他社の特許権や意匠権を無効にするための公知資料を発見することができます。

PAGE TOP