知的財産

税関輸入差止が強すぎる理由

特許法や商標法における「侵害」は製造・販売・輸入等の「行為」を指します。製造等を行う行為の主体は者です。侵害裁判…

提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略

2015年に発表された中国製造2025は、「2025年までに世界の製造強国入り」というロードマップを示しています。…

知的財産権は中国進出する企業の生命保険

知的財産は中国進出する企業の生命保険です

中国を含め海外で通用する日本企業の武器は技術とブランドです。日本企業が持っている優れた技術やブランドが欲しい海外…

中国商標法

中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット

改正前の中国商標法では、1つの出願に1つの区分しか含めることができませんでした。日本では1つの出願に複数の区分を…

商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める

商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める。

商品名やサービス名を商標登録しようと思ったら、将来の事業展開を考えて複数の区分を抑えておく必要があります。例えば…

アジアの実用新案

アジアの実用新案。必ず登録されるというのは本当か。

発明を保護する特許と並んで実用新案という制度があります。日本ではタワシなどの小発明を保護する制度として利用されて…

発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない

発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない

発明と聞くと才能に優れた一部の人が一生懸命に考えて創りだしたモノで今まで中に存在しなかったモノ、と思っている人がいると思…

香港特許。まず中国へ出願。

香港特許。まず中国へ出願。

中国と香港は一国二制度です。このため香港で特許権や商標権を取得するためには、香港の特許法や商標法に基づいて手続き…

著作権が役にたたないとき

著作権が役に立たないとき

新しいプログラムを開発したとき、新しいキャラクタのデザインを考えたとき。このような創作物を守ってくれる法律には、…

論文発表よりも先に特許出願

世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願

特許制度は先に発明を公開した者を保護する制度です。学会で発表した研究成果を特許出願しても、原則、特許にはなりませ…

さらに記事を表示する

Pick Up

  1. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由
  2. 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ
  3. 中国企業の総経理という肩書を信じてはいけない
  4. 意外と便利なJASRACが管理する音楽
  5. 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要
  6. 2017年にマドプロ加盟するタイへの商標登録
  7. 中国で立体商標を登録するメリット
PAGE TOP